私が飲んでる尿酸値改善アンセリンサプリ

私が飲んでいるのは「慈凰」というサプリ

私が飲んでるアンセリンサプリ

キッカケは私の友人、向田氏に薦められたからだ。

直接このサプリを薦められたのではなく、
アンセリン」なる尿酸値を下げる成分が配合されたサプリが
マジで効果ある、という事を力説された。

そこでアンセリンについて調べを重ね、
行き着いたサプリが「慈凰」だったのである。

アンセリンについては別記事で書いたので参考にして頂きたい。

アンセリンって一体何?何で尿酸値が下がる?


その当時、痛風の薬を飲んだ副作用で
死ぬほどグッタリしていた私は、
薬を飲まずに済ませられる事があるなら
なんでもやろうと思っていた。

痛風、そして痛風の薬の副作用は
それほどシンドイ体験だった。

その体験や、それ以降の事はこのブログで
何度か書いているので繰り返さないが、
「何でも良いから何かないか」
と思っていたのは事実である。

そして尿酸値を下げるためには
基礎代謝の改善」が最重要課題だ、
ということに行き着いた時から
サプリメントを探しはじめたのである。


このサプリ「慈凰」の場合、
数値以外でもけっこうすぐに
体感できる効果が体に現れる。

こういう体感が、飲み始めてから
数値で効果を確認できるまで続けることができた
大きな理由だ。

細かいことは体験談として
記事にしてるのでそっちを見て欲しい。


私が慈鳳に目をつけたのは、成分の配合数と量が
ズバ抜けて多かった
からだ。

グルコサミンやポリフェノール、ビタミンなど
10種類を超える成分で基礎代謝を助ける。

そしてアンセリンも配合されている。

10種類を超える成分で基礎代謝を助け、
アンセリンがピンポイントで尿酸の生成を抑え、
同時に排泄させる
という仕組みだ。


ちなみにもし購入を考えているなら
公式サイトで買ったほうが金銭的に得である。
このサプリは大手通販サイトでも買えるのだが、
公式サイトだと初回限定などで
20~39%ほども安くできるからだ。

慈凰のくわしい説明を公式サイトで見る



アンセリンサプリと呼ぶに足りる数少ないサプリ

このサプリは、巷に出回っている
数あるアンセリンサプリの中でも、
アンセリンサプリだ、と堂々と言える
数少ないサプリである。

どういうことかというと、
アンセリンの1日の推奨摂取量を
シッカリ配合している
、という意味である。

アンセリンの、1日に摂取する推奨量は500mgである。

これのサプリは1日3粒飲むように
指示されているのだが、それで推奨量に達する。

1日分に500mg配合されているサプリは
本当に少ない。

例えば大手通販サイトで人気のアンセリンサプリ、
DHCのその名も「アンセリン」は、
1日分の配合量を見てみると60mg
なんと推奨摂取量の1/8以下しか入っていない。

しかも表記は
"1日3粒総重量879mg(内容量690mg)あたり
フィッシュペプチド(アンセリン10%)600mg"
となっていて、ズバリアンセリン何mg!という
書き方にはなっておらず、
純粋なアンセリンを抽出して・・・
という製造過程は得ていないと想像できる。

・・・ただフォローする訳ではないが、
このサプリは尿酸値対策に効果的、
などとはDHCは一切うたっていない。

「フィッシュペプチドが体に良いかもですよ〜。
ちなみにアンセリンも10%ほど入ってますし〜」

という程度のことなのである。



・・・ちなみに、
アンセリンサプリの効果を向田氏に
感謝を込めて報告すると、第一声が
「え!マジ下がったんすか!?」
だった。

・・・人に効果を力説しておきながら
言っていいセリフじゃないだろ、とは思ったが
結果オーライって事で許すことにした。

彼もこのサプリを前向きに検討中とのことである。

ただ、まだ痛風を経験したことがない男なので、
尿酸値に対する危機感が希薄なため
私は彼の言葉をあんまり信用していない。

にしても普通友人を使って効果試すかね?



_ _ _ _ _ _ _ _

(追記)

ちなみに、このサプリを飲み始めてからというもの、
私は病院以外でも尿酸値検査を
数回やっていた。

それほどまで痛風にビビっていたw

それに加えてこのサプリは、
私にとっては安い買い物ではないので、
効果がないと判ったら直ぐに止めようと
思っていたからである。

最近は自宅でも簡単に尿酸値検査が
できるようになった、
という事実も頻繁に検査をする
などという面倒な事が出来た理由である。

"郵送検査サービス"というやつだ。
時間がない人間には非常に嬉しいサービスである。

「忙しいが尿酸値を調べたい」
という場合には、このサービスはかなりの
時間節約になると思う。

尿酸値の郵送検査サービス
_ _ _ _ _ _ _ _

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ